最近のコメント



あわ田んぼカメラ



携帯用QRコード

QR



最近の記事



カテゴリー



リンク

このブログをリンクに追加する



月別アーカイブ



最近のトラックバック



ブログ内検索



RSSフィード



プロフィール

あわ屋

Author:あわ屋
田んぼ、未来、ハーモニー。 サウンドアートユニット”AWAYA/あわ屋”とその仲間たちによる、自然農田んぼ奮闘記。



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



カウンター



あわ屋の田んぼ通信
AWAYA's biotic Farlm garden.   サウンドアートユニット”AWAYA/あわ屋”の農ある生活

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あわ屋田其の二、稲刈り突入
予報通り、昨日から雨模様。
しばらく脱穀はおあずけです。

それでも雨のあい間にぼちぼち稲刈りの続きを始める事にしました。
0909301.jpg
畦周りから少しづつ刈り進めます。

0909302.jpg
秋雨の季節になりましたねぇ。

T
スポンサーサイト
黒米田の脱穀
予報によると、明日一雨来そうなので黒米田の脱穀をしておきました。

先日一部脱穀していましたが、今日は全部やってしまいます。
090927.jpg
あい変わらずぬかるんでいる黒米田、何かと作業がはかどりません。。。

おいおい、ネコの手も借りたいんだよ~タネさんよぉ。
090927tane.jpg

T
今日も稲刈り
昨日に引き続きあわ屋田の稲刈りをしていると、
田んぼの真ん中に見た事の無い草が生えていました。
090925kusa.jpg
ずいぶん背が高く、肉厚な葉、球根が植わっているかのように太く立派な茎。
いったい何でしょう。
このまま放っておくとヤバそうだけど、どんな花が咲くのか気になるところ。。。

今日はキタオカご夫妻も来られて餅米田の脱穀をされていました。
090925kitaoka.jpg

さてさて、あわ屋田其の一ようやく稲刈り完了!
090925awaya_fin.jpg
まだまだ先は長いけれど、着々と進んでおります。
続・あわ屋田の稲刈り
昨日に引き続き”あわ屋田其の一”の稲刈り。
090924awayaden.jpg
ようやく半分くらいは来たかな?

ところで其の三田に植えたトヨサトもようやく色づき始めました。
090924toyosato.jpg
稲刈りまでは、まだ数週間かかりそうです。
あわ屋田の稲刈り開始
満を持してあわ屋田の稲刈りを開始しました。

今年のあわ屋田は3つに区切られていて、手前から其の一、其の二、其の三とすると・・・
090923awayaden.jpg
其の一:二年前に手で起こして以来耕していない、不耕起1年目の田んぼ。
其の二:昨年手で起こした田んぼ。来年から不耕起の予定。
其の三:三年前から耕耘作業を全くしていない、不耕起2年目の田んぼ。
    トヨサトという他とは品種の違う米と餅米を植えてみた。
いずれの田んぼも冬の間水を張る冬期潅水で、除草作業は最低限。
という感じになってます。

さて、まずは其の一田から稲刈り開始です。
090923awaya_kari1.jpg

大阪から遊びに来てくれたツルノさんとケーミちゃんも手伝ってくれました。
090923awaya_kari2.jpg

ひとまず今日の所はここまで。
090923awaya_kari3.jpg

本宮なごみフェアに出店しました
本宮大社大斎原にて行われた”なごみフェア”に行って来ました。

一見青空マーケット。
でもセラピーやマッサージなどのブースが半分くらいしめる、ちょっとユニークなイベントです。
090922nagomi_zentai.jpg

大鳥居が見下ろす、こちらあわ屋ブース。
手前が音浴体験ブースで、奥が物販ブース。
090922nagomi_awaya.jpg

穫れたての新米を販売しました。
090922nagomi_kome.jpg

新米おにぎりはあっという間に売り切れ!ありがとうございます。
090922nagomi_nigiri.jpg

こちらyUさんの手作り石けん3種。
090922nagomi_soap.jpg

この他ライブ演奏にも出演したAWAYAでした。
090922live.jpg

人々のにぎわいと、山々に囲まれた荘厳さが交錯した不思議な雰囲気を堪能した一日でした。
新米おにぎり
いつのまにか季節は移り、畦には彼岸花が咲き始めました。
090921higan.jpg

さてさて、先日脱穀したお米を籾すり機に入れます。
090921momisuri1.jpg

籾が剥かれて玄米が出て来ました!今年初めての新米です。
090921momisuri2.jpg

ジャーン新米おにぎり完成。どうですこのテカリ具合。
090921onigiri.jpg

本宮 熊野なごみフェアに出ます
0909nagomi.jpg
9月22日(火)熊野本宮大社 大斎原内駐車場にて開催されるイベント
「熊野なごみフェア」にあわ屋参上します。
(ライブ演奏・手作り石けん・新米のおにぎり・音浴空間展示など)
AWAYAのライブ出演時間は、午後1時頃を予定しています。

イベント詳細についてはこちら
脱穀開始
今日は少し脱穀してみよう!と張り切っていたのですが・・・
肝心の脱穀機のエンジンがうんともすんとも。

仕方なく修理をお願いする事にして、その間に
みんなで黒米の選別作業。
090920senbetu.jpg

そうこうしているうちに修理屋さんが来てくれました。
お願いしますよ~。
090920syuri.jpg

ようやく復活した脱穀機でいよいよ今年初めての脱穀開始!
090920dakkoku.jpg

その後夜にも集まって黒米の選別作業を行いました。
みなさんお疲れさまでした~。

そんなこんなで収穫の慌ただしい収穫の秋を迎えたのであります。


本日の参加者:みかん茶屋コージさん、キタオカ母さん、みよさん、あわ屋2名、うえじゅん

T

田んぼ全景
稲刈りの進捗状況、上から見れば一目瞭然。
090920zentai.jpg
他の田んぼはすっかり刈り終えて、肝心のあわ屋田はまったく手つかず。
ま、ぼちぼちやりましょう。

T
水瓶カエルの親子
ちょっと前までオタマジャクシだった子供もすっかりカエルの姿になりました。
090919kaeru.jpg
親ガエルと並んで、いっちょまえです(笑。

T
うえじゅん田の刈り取り
今朝はうえじゅん田の刈り取り~。
090917uejyun.jpg
それにしても草の少なさが刈り取った跡からも伺えます。
とても草抜きをしていないとは思えない。

テキパキ作業で朝のうちに終了!
090917uejyun2.jpg

さてさて、残すはあわ屋担当の田んぼだけになりました。
ちょっとプレッシャー?

T
朝の田んぼ
朝、一面の朝もやが、日の光を浴びて急速に晴れていきます。
090916asa.jpg
刈り取りを待つ稲達が輝き始めました。
FM和歌山に出演します
20090828_477722.gif
ちょっとお知らせ。
明日9月16日(水)の朝11:20~11:50、FM和歌山(sweet877FM)の番組にてAWAYA出演します。新曲の紹介とトーク(何しゃべるねん?)の予定。FM和歌山が受信可能な地域の方は、どうぞ聴いてやって下さいませ。
プチ田の稲刈り
今日はプチ田チームが何人かやって来てプチ田の稲刈り。
090914kari2.jpg

yUさんのハザ掛け講習。
090914kari1.jpg

手刈りで大変なのは、刈る事よりむしろ刈った稲を束ねる作業かも。
それでもみんなでやればお茶の子さいさい?
090914kari.jpg

というわけでプチ田稲刈り完了!
090914fin.jpg
着々と完了してますね。

本日の御参加:
ぴーすコンビとそのお友達、みかん茶屋みゆきさん、ひとみさん、あわ屋2名
最近の水瓶ガエル
水瓶のツチガエルのオタマ、しばらく見ないうちにオタマガエルになってました。
090913kaeru.jpg
この頃って、何食べているんだろう?

T
蕎麦の花に集まる虫たち
花盛りの蕎麦の花には、いろんな虫たちが集まっていました。
090912soba1.jpg

(たぶん)ミツバチ
090912soba_hati.jpg

(きっと)ハナムグリ
090912soba_muguri.jpg

(おそらく)ハナアブ
090912soba_abu.jpg

(たしか)セセリチョウ
090912soba_seseri.jpg

年々ミツバチの姿が減っているという噂が気になります。

T
今が旬?
ウチは夏野菜が軒並み実りが遅い。
にがうりも今年の初物がようやく実った。
090912nigauri.jpg
このにがうり、種が自然と落ちて芽生えるらしく、
ほとんど何もしないでも毎年同じところに生えてくる。
090912nigauri2.jpg
さて、今夜はちょっと季節外れのゴーヤーチャンプルかな?
稲刈り続行
予報では雨のはずでしたが、曇りながらも雨の気配なし。
早朝からサトエリコンビが昨日に引き続きぷく田の稲刈り。
090912puku.jpg
毎年オーナーが変わってきたこの田んぼ、1年目は草ボーボー、2年目はイノシシぬたうちまくり
で、とてもバインダー(稲刈り機)で刈れる状態では無かったのですが、
3年目を引き継いだサトエリコンビ、見事バインダーで刈り終えました。

一方黒米田は引き続き手刈り続行。
090912kuromai_kari.jpg
090912kuromai.jpg
ようやく完了~!
手前の丈の短いところは、長雨の間に調子を崩していた株。
それでも何とか持ちこたえて実ってくれました。

昨日みなさんで刈っていたもち米田も見事刈り終えていました。
キタオカ餅田
090912kitaoka.jpg

土山餅田
090912tuti.jpg

ところで不耕起田のトヨサトは、ようやくこうべが垂れはじめた感じ。
090912toyosato.jpg
ここが刈れるのは10月以降でしょう。

T
バインダー出動
本当は明日みんなで稲刈りの予定でしたが、予報では明日は雨らしい、
ということで、自主的に何人かの方が稲刈りに来てくれました。

2年ぶりにバインダーを引っ張り出してきました。
どうやらまだ使えるみたい。
090911yanmar.jpg

さすが文明の力。みるみる刈り終えて行きます。
090911moti.jpg
今日はあわ屋2名は別件で外出していたので、みなさんの作業には参加できませんでした。
みなさんお疲れさまでした~。
さて、結局どこまで進んだのかな?
明日の朝、明るくなってから確認です。

T
帰って来たヤマアカガエル
最近日が落ちるとめっきり涼しくなって、夜になると寒いくらい。
そんな夜、玄関の前にいつものトノサマやツチガエル達とは
違う雰囲気のカエルの姿が・・・。
お、ヤマアカガエル

今年も再び山から降りて来たようです。
意外と早い?

それほど大きくないので、今年の春ウチの田んぼで育った子じゃないかな?
090910kaeru.jpg
かわいい!

T
黒米田の稲刈り
今日も黒米田の稲刈り続行中。

朝にはサトエリちゃんも手伝いに来てくれました。
090908satoeri.jpg
ハーブを摘んで、ちょっと一服。

水浸しの黒米田。昨日まではもう少し乾いていたのに、
上の田んぼから水が流れ込んだみたいです。
また田植えが出来そうなくらいぬかるんで、作業がはかどりませ~ん。
090908kari.jpg

ハザがけの棒は3本目に突入。
090908kari2.jpg
今年は何キロ穫れるかな?
先生の田んぼ
不耕起自然農を実践されているユソーさんの田んぼの様子を
伺いにやって来ました。
090907yuso1.jpg
さすがに立派に実っています。こちらでは刈り取りはもう少し先みたいです。

これは何だか分かりますか?
090907yuso2.jpg
何とこれもお米。赤米の餅米だそうです。
まるでお花のようにきれいでした。

場所は違えど、自然農の田畑に来るとホッとするのは何故だろう。。

T
へうたん収穫
オトダマオトスケ用の瓢箪もそろそろ収穫。
090907heutan1.jpg

生き物みたいだなぁ。
090907heutan2.jpg

T
本日の水瓶ガエル
相変わらず水瓶に住み着いているツチガエル親子。
しかも今日は2ショット。
090907kaeru.jpg
オタマジャクシはともかく、大人のツチガエルも毎日きちんと
同じ場所にいるのがおかしい。

T
稲刈り開始!
今年もいよいよ稲刈り開始~!
090905start.jpg
まずは黒米田からスタート。今年も手刈りで挑戦。

キタオカご夫妻も応援に駆けつけてくれました。
090905haza.jpg

しかし、とつぜんの雷雨で止むなく中断。
090905finish.jpg
今日のところはここまで。

ところで、トヨサトの稲穂はまだまだこれからといった感じ。
草の丈もずっと高くて他とは少し様子が違います。
090905toyosato.jpg
品種が違うというのは、こういうことなんですねぇ。

今宵は十五夜。すこし霞がかった満月でした。
090905tuki.jpg
なにはともあれ今年も無事稲刈りを迎えることができました。
お月様に感謝です。

T
裏山からの眺め
裏山から見下ろして、あわ田んぼを一望。
090905urayama.jpg
う~む、色がバラバラなんともパッチワークみたいな田んぼだなぁ。

お、川向こうの田んぼでは随分稲刈りが進んでおりますな。
090905mukai.jpg
ウチもそろそろ始めるべや。

T
蕎の花
8月に休耕田に播いた蕎が、早くも花満開。
090905soba.jpg
蕎ってたいへん成長が早いんですね。

T
お引っ越し?
水の干上がり始めた田んぼから、這い出て来た水生昆虫達。

ミズカマキリ
090904mizukamakiri.jpg
タイコウチ
090904taikouti.jpg

ま、翼を持ってる彼らは、いざとなればどこかへ飛んで行くんだろう。

ところでこの足跡は誰だ?
090904asiato.jpg
四本指だから、イノシシではない。
狸?アライグマ?
夜な夜な行き場を無くした虫やオタマやカエルなんぞを物色しているものと思われます。
稲を倒される訳では無いようなので、まぁいいけど。

T
水を抜く
稲刈りを控えている黒米田。なかなか水が抜けないので、何ケ所か
畦を切って強制排水。これで少しは乾いてくれるといいいのだけど。
090831mizo.jpg
水持ちがいいのは田んぼとしては良い事だけど、
稲刈りの時はちょっと大変です。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。