最近のコメント



あわ田んぼカメラ



携帯用QRコード

QR



最近の記事



カテゴリー



リンク

このブログをリンクに追加する



月別アーカイブ



最近のトラックバック



ブログ内検索



RSSフィード



プロフィール

あわ屋

Author:あわ屋
田んぼ、未来、ハーモニー。 サウンドアートユニット”AWAYA/あわ屋”とその仲間たちによる、自然農田んぼ奮闘記。



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



カウンター



あわ屋の田んぼ通信
AWAYA's biotic Farlm garden.   サウンドアートユニット”AWAYA/あわ屋”の農ある生活

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

田起こし
他の田んぼの田起こしも始まっています。
100331.jpg
この日サトエリちゃんが一人でぷく田と2つの餅米田の田起こしをしてくれました。
お疲れ様です~!

T
スポンサーサイト
オタマの行列
田んぼの中を同じ方向に列をなして泳ぐヤマアカガエルのオタマジャクシ。
流れも無いのに何故??


宇宙民藝に参加します
mingei.gif

Antenna AASにて開催される『宇宙民藝』にて、インスタレーション展示
及びライブパフォーマンスを行います。

『宇宙民藝』
会  期:2010年4月10日(土)~ 4月25日(日)11:00~19:00
     *開館日 会期中の土日のみ( 4/10, 11, 17, 18, 24, 25 )
     最終日にはライブパフォーマンスを行います。
会  場:AAS (Antenna Art Space)京都市西京区川島粟田町18-23

詳細はコチラをご覧下さい
お還りなさい 其の弐 出演の様子
3/20、ハミングバード珈琲横の善称寺にて行われたイベント『お還りなさい 其の弐』での出演の様子をコチラにアップしましたので、是非ご覧下さい。
okaeri_s.jpg
お寺の本堂を舞台にした演奏や、切り絵や板金彫刻による演出、夜店のような出店、墓場に出現した占い小屋などなど、とてもユニークなイベントで、私達自身とても愉しみました。

T
菜食のススメ
プチ田チームの皆さんの田起こし後は、肉食の問題についてのビデオを観ました。
先日あわ屋は、龍神の友人に呼ばれてベジ夕食会&ちょっとしたベジミーティングに
参加したのですが、その時の内容をもっといろんな人にもお伝えしようと思ったのであります。
100329puti3.jpg
日本ではあまり知らされていないことですが、肉食にはそれに起因する様々な深刻な問題があります。
特に急務なのが、地球温暖化と環境破壊に関すること。
例えば畜産に由来する温室効果ガスの排出量の割合は、実は3割以上とも5割以上とも言われています。
今すぐ世界中の人々が肉食を止めれば、地球温暖化の特効薬となるはずだそうです。
また世界の食料不足が謳われていますいますが、家畜の餌となる穀物(水も)を全て食用に回せば、
既に世界人口の2倍分の食料を確保することが出来ている、とも言われています。

レジ袋をマイバッグに代えたり、省エネ家電に買い替えることも大事かもしれませんが、
それよりずっとずっと効果的なエコは、実は肉食を控えることだったりするのです。

と、そんなことを田んぼを機会に集まったみなさんと話しながら、
「そうそう、この仲間は、皆さんそれぞれ環境問題etc.いろいろな所で頑張っている人達
だったよなー」と改めて、この時この場所で一緒に過ごせることの不思議に感謝しました。

これからも、いろんなことをお互いにシェアしていきたいですね!
今後ともよろしくです。

T&Y

以下、お勧めベジサイトです。↓

・菜食のススメ http://saisyoku.com/

・アメリカン・ベジタリアズム http://www.coco-art.com/lohas/index.htm

・家畜動物たちの過酷な一生 http://mbis0.tripod.com/animalfactory/main.htm

・アニマルライツセンター http://arcj.info/

・肉食を考える http://www.nikusyoku.com/

続プチ田田起こし
今日はプチ田チーム田辺組が、プチ田の田起こしの続きと
畦切りをしにやって来ました。
100329puti1.jpg
雨で延び延びになっていましたが、ようやく完了できたようです。

100329puti2.jpg


T
蒲復活
ようやく晴れ間が続いて、田んぼもキラキラと輝いております。
浮き草がだいぶ茂ってきました。
100329ukikusa.jpg

などとぼんやり田んぼを眺めていると、何やら他の草よりもひときわ大きな草を発見。
100329gama.jpg
これは、昨年抜いたはずの蒲に間違いない。
やはり、まだ根っこが残っていたか。
やむなく再び抜いておきました。なかなかしぶとい蒲であります。

一足お先に種モミ準備
今日は不耕起あわ屋田用に、一足早く種籾の準備に取りかかりました。

種籾は全て昨年収穫したモミを使います。
100328tane.jpg
左から黒米、トヨサト、ミネアサヒ。
並べてみると意外なほど品種によって色が違うんですね。

今年は塩水選別に挑戦してみました。
バケツの水に塩を入れて、卵を浮かべます。
100328sio.jpg
卵の表面が10円玉くらいの大きさで浮いたらいい感じの濃度だとか。

ここに先ほどの種籾を入れて、浮かんだ籾を取り除く。
100328senbetu.jpg
沈んだ生え抜きの種籾だけを選び出すというわけです。

これを60℃のお風呂に10分間浸す。バカ苗病などの予防になるそうです。
100328furo.jpg
ちなみにウチのお風呂は薪なので、一定の温度に保つのが難しい・・・。

いい塩梅でお風呂から上がった生え抜きの種籾。
100328baketu.jpg
これを水に浸して積算100℃で発芽するのを待ちます。
楽しみ楽しみ。。

T
今日も雨
それにしても最近、本当に雨が多いですね・・・。
100323.jpg

すごい黄砂
この日、一日中強い風と黄砂の嵐でした。
100321kousa.jpg
向こうの山がかすんで見えないほど。


T
芽吹きの季節
魔女っ子yUさんのハーブ畑では、ハーブ達が次々新しい季節を告げています。

レモンタイムとチューリップの盛り合わせ?
100321harb1.jpg

これはエキナセアというハーブの新芽。
100321harb2.jpg

蛇とクロスケ
カエル達に続いて蛇も冬眠からお目覚めです。
100317.jpg
おっかなびっくりのクロスケ。

いよいよ春本番ですね。
100317sakura.jpg

T
シュレーゲルがやって来た
最近ほんとうに雨が多いですね。
夕べのどしゃぶりで田んぼの水は満杯。
100316.jpg
今日は雨は上がり、気温もずいぶん暖かくなりました。(クロスケもついつい大あくび)
シュレーゲルアオガエル達も冬眠から覚めて田んぼにやって来た様です。

田んぼにやって来たシュレーゲルアオガエルの鳴き声(wav)
てんつくマンと植樹
この日、てんつくマン御一行が熊野の森に植樹にやって来ました。
あわ屋も”いちいがしの会”の方々と一緒に参加しました。

僕も大好きな映画「天国はつくるもの」の監督としても知られるてんつくマンは、
中国やアフリカなど世界の様々な国でこうした植樹イベントを行っているのですが、
今回はじめて国内の植樹を行われることになり、その第一回目の場所がここ、
熊野生馬の森だとは、なんだかご縁を感じます。

北は北海道から南は沖縄まで、総勢200人以上の人々が集まりました。
100315_3.jpg

ここが植樹する予定の山。
100315_1.jpg

移植する苗木を運びます。
100315_2.jpg

いよいよ植樹開始~!
辺りはイバラやタラなどのトゲトゲの小木だらけで、なかなか大変。
100315_4.jpg
写真のオレンジ色の筒はヘキサチューブと言って、植えたばかりの苗木を
鹿などの獣の害から守る為のものです。

みるみる苗木が植えられて行きました。さすがに人数が多いと早いですね。
100315_5.jpg

というわけで植樹イベント無事完了~。
100315_6.jpg
                   tOmOkicHiとてんつくマン
ありがとうてんつくマン。また来てね。


T
地図が出現?
冬の間水を入れていなかった田んぼの中には、
まるで地図かジオラマのような緑の小山が出来てきました。
100313tizu.jpg
去年の秋に蒔いたレンゲの種が一斉に芽吹いたようです。
もう少しバラまいとけばよかったかな??

石垣にはスミレがきれいに咲いていました。
100313sumire.jpg

T
見事な擬態
100313musi.jpg
木の枝にまとわりついた苔。
でもよ~く見て下さい。この中にムシが隠れています。

アップにすると・・・
100313musiL.jpg
ジャーン!シャクトリムシの仲間かな?

しばらくすると、動き始めました。
100313musi2.jpg
苔を食べているのだろうか。
それにしても、どうしてこんな見事に同じ色になるんだろう・・・。

T

プチ田 田起こし
今日は久しぶりに快晴。
プチ田メンバーがやって来て、今年最初の田起こし開始~。
100311puti1.jpg

ハチ&テンも応援?
100311tenhati.jpg

今年のプチ田も初参戦の人が多いです。
100311kan.jpg

クワでの手作業にもかかわらず今日一日でほとんど完了!
真ん中一列は、今日来れなかった人の為に残してあるそうです(笑。
100312puti.jpg


仕事の後に裏山の祠にお参り。
100311omiya.jpg
今年も無事実ります様に・・・。

まだ気温は肌寒いですが、日差しがとても気持ちのいい一日でした。
100311koke.jpg


T
映画『未来の食卓』について
来る3月14日に龍神市民センターにて上映される映画『未来の食卓』、
いちおうあわ屋も実行委員メンバー、ということで試写会に参加させて頂きました。

なんというか、とても美しい映画です。
スクリーンに映し出されるバルジャック村の景色や、そこに暮らす人々の様子から、
”キラキラとした輝き”が満ちています。
観る前に聴いたストーリーでは、

「小さな田舎町であるフランスのバルジャック村という村で、小学校と老人ホームの
給食をオーガニック食材に変えようという村長の提案で揺れ動く村の一年をつづった
ドキュメンタリー映画。」


と聴いていたので、小さな村がオーガニック給食を実現するまでの苦難の道を追った
ドキュメンタリーだと思っていたのですが、実際の映画は、既にオーガニック給食化を
実現した村の様子を主軸に、様々な伏線としてのストーリーが展開される、といった
感じでした。
この、”既に実現した世界”を軸にして描いていることが、映画全体から醸し出される
”キラキラ感”の要因なのかもしれないなぁ、と思いました。
とにかく、持続可能な世界は実現できるんだ!という元気をもらえる映画だと思いますので、
ご都合のつく方はみなさんお誘い合わせの上、是非観に行ってみて下さい。

(但し、全編字幕なので小さなお子様には辛いかと思います。
託児所が設けてあるので、是非ご利用下さい。保育料お一人300円だそうです。)

mirai_title.jpg
mirai_pic.jpg
3月14日 日曜日 「未来の食卓」
会場:龍神市民センター
午後2時~ 午後7時~ (2回上映)
入場無料!

映画の公式サイト:詳しくはこちらを→http://www.uplink.co.jp/shokutaku/

T
今日は晴れ
昨日から一転、今日は汗ばむくらいのよい天気。
100305_1.jpg

水仙も一斉に咲き始めました。
100305_2.jpg
でも予報ではまた明日から天候が崩れるとか。
yUさんは急いでジャガイモの植え付けをしていたようです。

T
また雨
このところ、雨の日と晴れの日が交互にやってくる。
100304_2.jpg
今日はプチ田チームが田起こしに集合する予定でしたが、
あいにくの天気の為あえなく延期。
なかなか思う様にはいきません。
春の陽気に誘われて
早くもレンゲの花が咲きはじめました。
100302tyou.jpg
花には黄色いチョウもとまっています。
写真には撮れませんでしたが、シュレーゲルアオガエルやアマガエルの鳴き声もチラホラ聴こえてきました。
春ですねぇ。
田んぼの中も、何やら騒がしくなってきました。

ヤマアカのオタマはどんどん育っています。
100302otama.jpg

小さな巻貝、モノアラガイも姿を見せ始めました。
100302kai2.jpg
でも去年の今頃と比べるといくぶんおとなしい感じです。
というか、去年が大発生気味だったのであって、田んぼの中が落ち着いて来たということでしょうか?

水面を自在に走り回るクモ。これも何気にたくさん見かけます。
100302kumo.jpg

何の幼虫?
100302musi.jpg

小さなゲンゴロウの様な虫。。。
100302gengo.jpg

アメンボも見かける様になりました。。
100302amenbo.jpg

ところで、この辺りではいわゆる雀をほとんど見たことが無い。
代わりの様によく見かけるのが、この雀に良く似た鳥。
100302suzume.jpg
一見雀かと思うけれど、雀のような群れを作らないし米粒に集る訳でもない。
よく見ると模様も少し違います。
それにしても、鳥は撮影が難しいですね。。。

T
和歌山市内にて出演
3月20日、和歌山市善称寺(ハミングバード珈琲隣り)にて開催される『お還りなさい 其の弐~縁日やります。いらっしゃい。~ 』というイベントにAWAYA出演します。
20100221_519800.jpg
”縁日”をテーマにしたイベントで、AWAYAを含む3組の出演者によるライブ演奏の他に、ご飯やお菓子の出店、切り絵作家の影絵、生け花、占いなどなど、まさに縁日のような楽しいイベントとなりそう。

詳しくはこちらをご覧下さい。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。