最近のコメント



あわ田んぼカメラ



携帯用QRコード

QR



最近の記事



カテゴリー



リンク

このブログをリンクに追加する



月別アーカイブ



最近のトラックバック



ブログ内検索



RSSフィード



プロフィール

あわ屋

Author:あわ屋
田んぼ、未来、ハーモニー。 サウンドアートユニット”AWAYA/あわ屋”とその仲間たちによる、自然農田んぼ奮闘記。



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



カウンター



あわ屋の田んぼ通信
AWAYA's biotic Farlm garden.   サウンドアートユニット”AWAYA/あわ屋”の農ある生活

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

脱穀開始〜
まずは一番始めに刈った(そして最も鹿に襲撃されている・・・)
ミネアサヒから脱穀開始!
IMGP6192.jpg
これ以上鹿に食べられてなるものか、と、
この日ゆうさんは人間脱穀マシーンと化していました。

東京から再びうしこちゃん参上。
IMGP6199.jpg

黒米の稲刈りもラストスパート。
IMGP6194.jpg
ようやく今年の稲刈りが終了しました。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

 久しぶりの書き込みです。

 そうですか~まだ「田畑の周りにシシ垣作って、入り口に罠仕掛けて「山がお肉を恵んでくれたぞ!(食べられてしまう作物は、山へ支払うお肉代)」には、至りませんか。
 人類が農業を始めてせいぜい5000年、日本人(?)がこの列島で農業始めてせいぜい2500年、それに対して狩猟採取はホモサピエンス登場以来の数十~数百万年。
 
「狩猟採取生活」から見れば、たとえ自然農法であっても、農耕自体が“不自然・人工的”ですから(笑)
【2012/11/28 22:25】 URL | ヤマアカガエルのIターンキコリ #- [ 編集]


 肉食でも「山や川、海が勝手に育ててくれるもの」をたま(絶えてしまわない量―というか、職業にするレベルじゃなければ、絶滅させるなど不可能ですが)に食べたり、田んぼにコイやフナ、ドジョウを放して育てたり、田んぼのカエルやイナゴを食べるのは、より自然や田んぼと自分自身が一体となるような気がするんですが、妄想ですね。

(まあ、明治時代までのアイヌ人は農耕を「大地を傷つけ冒涜する行為」として、行なおうとしなかったそうです。
 そこまで純粋に“自然の中で”暮らさなくとも、行者ニンニクと麦・蕎麦ぐらい作ったり、牧畜ぐらいすれば、もうちょっと人口増えて多少は文明化し、倭人に征服されずに済んだ―少なくともニュージーランドのマオリぐらいの独立性は保てた)かもしれないのに、とは思います。)

 あわやさんが、「論理的帰結上のベジタリアン」ではなく、「感情的(もしくは宗教的)帰結上のベジタリアン」であれば、余計な話失礼致しました。
【2012/11/28 22:49】 URL | ヤマアカガエルのIターンキコリ #- [ 編集]


いろいろとお詳しいんですね!
ありがとうございます。

今年も少しずつヤマアカガエルの声が聞こえ始めました。
【2012/11/28 23:23】 URL | tOmOkicHi #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://awatanbo.blog93.fc2.com/tb.php/1226-41f7a76f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。