最近のコメント



あわ田んぼカメラ



携帯用QRコード

QR



最近の記事



カテゴリー



リンク

このブログをリンクに追加する



月別アーカイブ



最近のトラックバック



ブログ内検索



RSSフィード



プロフィール

あわ屋

Author:あわ屋
田んぼ、未来、ハーモニー。 サウンドアートユニット”AWAYA/あわ屋”とその仲間たちによる、自然農田んぼ奮闘記。



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



カウンター



あわ屋の田んぼ通信
AWAYA's biotic Farlm garden.   サウンドアートユニット”AWAYA/あわ屋”の農ある生活

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

電柵配置イメージ
電柵の配置イメージ図です
電柵俯瞰図


A:電極の機械を設置する場所
A
電柵の取り回しとコンセントの位置を考慮して、お風呂場の横が候補かと。

B:裏山へ回る道
B
家の裏にある畑を周回。古いネットが残っている。

C:ネットの下をくぐらせる場合は写真のようなパイプを電線に巻いてありました。
C


D:畑から田んぼへつながる通路
D
木の橋になっている場所はポールが刺せない。

E:一番したの田んぼ(小山田)周辺
E
この辺りは長めの木製ポールが残っている。そのまま利用出来るか?

F:耕耘機出入り口
F

地形の関係でこの辺は田んぼ側に電柵を必要があるが、耕耘機の出入り口でもあるので、工夫が必要。

G:アスファルト道直下の田んぼ(北岡田)
G
ここも耕耘機の出入り口となる場所。

H:終点(駐車場付近)
H
アスファルトから田んぼは高さがあるので、電柵を施すなら長いポールが必要。

古い電柵のポールは塩ビパイプや木の棒が使われている。
ポール
塩ビパイプは一段分の高さしかなく、電線はガイシを使わず直接穴に通してある。
木の棒も直接巻き付けてテープで固定されている。長さは2段分あるものが多い。

ポールとかえる
塩ビパイプの中には何故かかえるが・・。
スポンサーサイト

テーマ:ロハス&エコロジーライフ - ジャンル:ライフ

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://awatanbo.blog93.fc2.com/tb.php/5-9d701ffd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

-

管理人の承認後に表示されます 【2007/04/20 23:23】
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。