最近のコメント



あわ田んぼカメラ



携帯用QRコード

QR



最近の記事



カテゴリー



リンク

このブログをリンクに追加する



月別アーカイブ



最近のトラックバック



ブログ内検索



RSSフィード



プロフィール

あわ屋

Author:あわ屋
田んぼ、未来、ハーモニー。 サウンドアートユニット”AWAYA/あわ屋”とその仲間たちによる、自然農田んぼ奮闘記。



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



カウンター



あわ屋の田んぼ通信
AWAYA's biotic Farlm garden.   サウンドアートユニット”AWAYA/あわ屋”の農ある生活

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日も稲刈り
昨日に引き続きあわ屋田の稲刈りをしていると、
田んぼの真ん中に見た事の無い草が生えていました。
090925kusa.jpg
ずいぶん背が高く、肉厚な葉、球根が植わっているかのように太く立派な茎。
いったい何でしょう。
このまま放っておくとヤバそうだけど、どんな花が咲くのか気になるところ。。。

今日はキタオカご夫妻も来られて餅米田の脱穀をされていました。
090925kitaoka.jpg

さてさて、あわ屋田其の一ようやく稲刈り完了!
090925awaya_fin.jpg
まだまだ先は長いけれど、着々と進んでおります。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

うわ〜〜〜、怪しい草ですねぇ(*´∀`*)フフフフフ〜♪

冬までに咲いてくれるとイイですね(^^♪

稲刈りも着々とすすんでますね。
今年はこしひかり等の早生は冷夏で、もひとつだったらしいです。
ところが、中生のひのひかり、酒米は豊作らしく来月上旬の稲刈りが楽しみです
【2009/09/27 18:19】 URL | しゅうちゃん #- [ 編集]


>うわ〜〜〜、怪しい草ですねぇ(*´∀`*)フフフフフ〜♪

怪しいですよねぇ、ヤバいですかねぇ、その含み笑いは何かご存知では??
やっぱりとっとと抜く抜くべきかなぁ、でも気になる〜。

確かに早生の品種は去年に比べ収量が思わしくない感じです。
中生のトヨサトがどうだか楽しみです。
【2009/09/27 21:09】 URL | tOmOkicHi #- [ 編集]


ガマ(蒲)ではないかと思います。

古代人には、地域によっては近世まで、花粉は傷薬、穂綿は布団や防寒具の中綿、葉と茎は莚や簾にと、とても便利な植物だったようです。
【2009/11/04 19:39】 URL | 与作 #- [ 編集]


ああそうか…「ふとん」はもともと「蒲団(ガマの穂の塊)」と書くんだなぁ。

この穂綿の収穫はおもしろいです。子どもの頃の楽しみでした。熟した穂を摘んで堅い物にぶつけると大爆発します。

「因幡の白兎」の故事にもあるとおり、弥生時代開拓民の指導者、オオクニヌシは、ガマの茂る湿原地を開拓して自分達のクニを作るとき、ガマの花粉で労働のケガを直し、ガマ穂綿のふとんで眠り、ガマ茎の簾の奥でガマ葉の筵に座ってクニ造りを考えたんだろうな…と。
【2009/11/04 20:27】 URL | 与作 #- [ 編集]


なるほど、蒲ですか。
結局穂がつくことなく台風で折れてしまいましたが、
田んぼの中で増えなくてよかったかもしれません。
いかに利用価値のある草でも、田んぼの真ん中ではちょっと…(笑。

でも、日本では昔から馴染みの深い植物なんですね。
【2009/11/04 22:30】 URL | tOmOkicHi #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://awatanbo.blog93.fc2.com/tb.php/574-22ef070c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。