最近のコメント



あわ田んぼカメラ



携帯用QRコード

QR



最近の記事



カテゴリー



リンク

このブログをリンクに追加する



月別アーカイブ



最近のトラックバック



ブログ内検索



RSSフィード



プロフィール

あわ屋

Author:あわ屋
田んぼ、未来、ハーモニー。 サウンドアートユニット”AWAYA/あわ屋”とその仲間たちによる、自然農田んぼ奮闘記。



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



カウンター



あわ屋の田んぼ通信
AWAYA's biotic Farlm garden.   サウンドアートユニット”AWAYA/あわ屋”の農ある生活

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

講演会「木質バイオマスの可能性」
久しぶりの更新です。。。^^;


今日(1月24日)、田辺市ひがしコミュニティセンターで、

「木質バイオマスの可能性」と題して、

近畿大学生物理工学部の澤井徹教授を講師にお招きして、講演会が開かれました。

(主催:紀南地域地球温暖化対策協議会、紀南木質資源カスケード利用研究会)

紀南地域はそのほとんどが木々に覆われた森林地帯。
この森林は、私たちに大きな恵みを与えてくれています。
山を治め、水源を涵養し、動植物を育て、CO2の吸収源ともなってくれています。
森林の保全とあわせて、新たなエネルギー源としての木質バイオマスの利用を考えることは、
地域でできる、地域の資源を活用したCO2の削減につながるのでは。。。


会場に行ってみると、まず、参加者の多さにびっくり!しました。

自然エネルギー、木質バイオマスに関心を持っている人がこんなに多いんだ、と。。


お話の内容は、近年のCO2排出量の動向(家庭からの排出が増えてる)、どういうものがバイオマス資源になるのか、木質バイオマスはエネルギーとして利用できる効率性が実はバイオエタノールより高い…などなど。

それから、ペレット燃料について。ペレットとは、廃材や間伐材を固めて燃料として利用できるようにしたもの。
詳しくは→日本木質ペレット協会(http://www.mokushin.com/jpa/pellet_04.html)

燃焼効率がよくて、しかも、燃やして出てくるCO2は再び森林が吸収してくれる循環型の燃料で、もっと利用が広まれば良いんですが、普及が遅れていてまだまだ高価というのが実情のようです。

こんなにも森林資源が豊富で、間伐材も出てきそうな和歌山には、ペレットを作る事業所が無いそうで、そういったこともペレット利用が広まらない原因の1つなのかもしれません。


剪定された梅の枝を利用したペレット(和歌山は全国一、農地面積に占める果樹栽培面積が大きいそうです。これを利用しない手はないですよね!)、バイオコークスなどを実際に見せてもらったりして、技術の進歩に目をみはる思いがしたのと、そういった技術を広めるための施策が必要。。という意見が会場から出ていましたが、まったくそのとおりだなぁと思いました。

また、ペレットの製造、流通、販売などを、市町村や県を越え、紀伊半島全体で取り組んでいくようなことも考えていくべきでは?というような意見もありました。

今後も木質バイオマスの利用の実現に向けて関心ある人たちで定期的に集まっていくことになったようで、今日も講演会のあと、さっそくミーティングが開かれてました。

私は用事があったので、先に帰ってきましたが、今後の展開に注目したいと思います。

今日の講演で、木質バイオマスや、その他の自然エネルギーを取り入れた生活(理想は100%!)が当たり前の世の中が早く来てほしいな!そう思いました。
そのためにも、徐々にですが、まずは自分の生活の中でできることから変えていこうと思います。

それから、今日は、1月31日の「ぴーす make friends tour 2010 vol.1」に、AWAYA’Nとして出演してくださるtOmOkicHiさんとyUさんたちがスタジオに音あわせに来てくださってました~♪
オリジナリティーあふれる音の世界で一緒になって遊べる感じです~当日が楽しみです!!

スポンサーサイト

テーマ:暮らし・生活 - ジャンル:ライフ

この記事に対するコメント

ぴーすみなさん、書き込みありがとうございます。
本当に、紀南は山林の資源に恵まれた地域ですし、これを利用しない手はないですね。
参加者の方々がたくさんいらしたというのは、なんだかうれしいですね。
これを機会に、具体的な方法が進んでほしいですね。
あわ田んぼでも、化石燃料を使わない米作りなど、出来ることはどんどん取り入れて、
楽しく実践したいなぁと思っています。

AWAYA'nの練習にスタジオをお借りしました。ありがとうございました。
AWAYA'nは、tOmOkicHi&yU(AWAYA)、Aquta(ふわり)、Ken(ぴーす)、4人の異なる個性の出会いから生まれた演奏ユニット。
1月31日のイベントでは、4名それぞれのアイデアから生まれた全く趣の異なる4曲が演奏されることになりそうです。
乞うご期待!
【2010/01/25 22:00】 URL | tOmOkicHi #- [ 編集]


友人と一緒に31日は遊びに行く予定です楽しみです〜〜
あれ?ぴーすみなさんはユニットに参加していないのですか??
残念ですね〜〜
飛び入りピアノ演奏期待していますよ〜〜
【2010/01/26 22:30】 URL | うえじゅん #- [ 編集]


tOmOkicHiさん


ほんとうに、紀南は身近に、自然の恵みがたくさん!

こんなありがたいことはないなぁとつくづく思います。

たくさんの人が関心を持てば、新しい可能性がもっともっと実現に近づくんじゃないかなぁと思います。


AWAYA'n の演奏、皆さんの気合いが伝わってきました。。楽しみにしています!!




うえじゅんさん

当日会えるの、楽しみにしてますね〜!!

そうなんです〜。今回は聞くほうで一緒に楽しみたいな!と思います。

飛び入りピアノは、どうなるかまだわかりませんが、

でも、何が飛び出すかわからない、一風かわったライブイベントになりそうな気がします。

【2010/01/28 00:57】 URL | みな #/Ge46.yM [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://awatanbo.blog93.fc2.com/tb.php/647-4061d8d2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。