最近のコメント



あわ田んぼカメラ



携帯用QRコード

QR



最近の記事



カテゴリー



リンク

このブログをリンクに追加する



月別アーカイブ



最近のトラックバック



ブログ内検索



RSSフィード



プロフィール

あわ屋

Author:あわ屋
田んぼ、未来、ハーモニー。 サウンドアートユニット”AWAYA/あわ屋”とその仲間たちによる、自然農田んぼ奮闘記。



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



カウンター



あわ屋の田んぼ通信
AWAYA's biotic Farlm garden.   サウンドアートユニット”AWAYA/あわ屋”の農ある生活

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

熊楠の残したもの?
みなさん何を覗き込んでいるのかというと・・・
110130.jpg

ジャーン、突然ですがカスミサンショウウオです。初めて実物を見ました。
110130ksaumi1.jpg
今日は”いちいがしの会”主催の自然観察会。
神島の見える”鳥の巣”という地区にやってきました。
はるばる来たぜ鳥の巣~。
110130yu.jpg

あちらに見えるは、かの南方熊楠が守ろうとした太古の森の島”神島"。
今は自然保護のため立ち入り禁止となっています。
110130sima.jpg
以前は島にいなかった鹿やドブネズミやアライグマまでもが、この海を泳いで本土から渡って行ったとか。
玉井先生直々にいろいろと説明して頂きました。

今でも木々が生い茂っているように見えますが、昔と比べてすっかり荒れ果ててしまったのだそうです。
110130kamisima.jpg
荒れた理由はカワウによる糞害や台風などさまざまな理由が揚げられますが、
そもそもは人間による周辺地域の環境破壊が大元なのだとか。

島を直接荒らさなくとも、周辺地域の環境が変化することで、離れた島の環境までも変ってしまう。
自然は微妙なバランスの上で成り立っているんですね。

110130yadorigi1.jpg
幹から生えているのはこの木の枝ではなく、寄生植物”ヤドリギ”。

よく見るとかなりヘンテコな植物だ。
110130yadorigi2.jpg
鳥の巣地区にはいろいろ珍しい動植物が生息している様です。

一方で、溜め池には外来生物のアフリカツメガエルが住み着いていたりと、
人間による環境破壊が進みつつあるらしい。

自然が保護されている神島の周辺でさえこのありさま。
私たちの身の回りの、いつものあたりまえと思っている環境が、
当たり前でなくなることも簡単に起きてしまうかもしれない。
生物多様性が注目される今、環境を守る事の難しさと大切さを痛感させられた旅でした。

T
スポンサーサイト
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://awatanbo.blog93.fc2.com/tb.php/860-7443cc10
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。